自己破産では債務全額が免除されます

近年では様々な金融機関がカードローンなどの金融商品を提供しており、ちょっとしたお金が必要な場合には誰でも手軽に借り入れを利用することができます。一方で便利であるためついつい借り過ぎてしまい、多重債務や返済不能に陥ってしまう人なども多いようです。借金を自力で返済することが難しくなってしまった場合には、債務整理の手続きを検討しましょう。

 

債務整理とは裁判所の認定や当事者同士の話し合いにより借金を整理するための手続きであり、債務整理が認められれば借金は免除または減額されることになります。債務整理には自己破産・個人再生・特定調停・任意整理の4つの方法がありますが、借金が多すぎて自力での返済が難しくなってしまった人には自己破産の手続きがおすすめだといえるでしょう。

 

自己破産の特徴は、債務の全額が免除されることです。その他の債務整理の方法では債務の減額を行い、減額された債務の残額は3年から5年程度で計画的に返済することが必要になります。一方の自己破産では債務そのものがなくなって借金は0円になりますので、返済の義務からは完全に開放されるのです。

 

自己破産のためには裁判所の認定が必要であり、まずは債務者本人が所有する資産などを全て借金の返済に充当して、それでも返済しきれない残額については債務が免除されることになります。自己破産の手続きは自分自身で行うこともできますが、やはり法律の専門家である弁護士などに依頼をするのが確実だといえるでしょう。

 

弁護士費用の支払いが必要になりますが、一定の費用を支払ったとしても自己破産が認められるメリットの方が大きくなります。費用の分割払いに対応する法律事務所なども増えていますので、まずは弁護士への相談から始めてみてください。