自己破産のメリットとデメリット

自己破産とは、裁判所で全ての債務を免除してもらう手続きです。

 

破産申立書を提出して認められれば、全ての債務が免除され借金の支払い義務がなくなります。
他の債務整理の方法では借金の支払い義務が残りますが、自己破産は全て免除されるのが特徴です。

 

しかし借金が全て帳消しになる一方で、一定以上の価値がある財産は全て差し出さなければいけません。

 

住まいや土地といった不動産や自動車などに加え、20万円以上の預貯金や退職金も差し押さえられます。
手元に残るのはわずかな財産なので、自己破産はメリットがある一方デメリットも非常に大きいです。

 

またデメリットはその他にもあり、その一つが新たな借り入れができないことです。

 

キャッシングやカードローンはもちろん、住宅ローンや自動車ローンなども新たに組むことはできません。
クレジットカードの新規申し込みも審査で落とされる可能性が高く、生活に多大な影響を及ぼします。

 

自己破産後は5年から10年は新規の借り入れができないので、将来いろいろな計画が狂うことがあるでしょう。

 

気になる家族への影響については、保証人になっていない限りほとんどありません。
一緒に持ち家に暮らしている場合は引っ越しで影響を与えるかもしれませんが、家族は新たにローンを組むことは可能です。

 

このようなメリットとデメリットがある自己破産ですが、申し立てをすれば必ず認められるわけではありません。

 

借金をした理由がやむを得ない事情なら認められる可能性はありますが、浪費やギャンブルが原因だと面積は不可能になります。
借金で苦しみ自己破産を考えているときには、経験豊富な弁護士や司法書士に認められるか相談し手続きを任せましょう。