自己破産するとどうなるのか

自己破産は裁判所に申請して、承認されると背負っている借金(税金以外)をすべてなしにできる債務整理です。聞こえは良いですが、そのデメリットも多くあり借金でどうすることもできなくなった人の最終手段として用いられます。

 

免責の手続きには「同時廃止」と「管財」の2つあります。同時廃止は資産を持っていない人が対象になります。管財はある程度資産を持っている人や、ギャンブルなどで負債を抱えている人が対象になります。自己破産をした時の大きなデメリットは「家族に迷惑がかかる」という点です。借金の取立てが家族に向かうことはありませんが、連帯保証人になっていれば、連帯保証人に取り立てることになります。また車などが没収される資産と見なされれば、自己破産する人の名義で購入している場合には没収されてしまいます。

 

更には自己破産をするとクレジットカードを利用することができなくなります。これは個人信用情報機関のブラックリストに、名前が登録されてしまうためです。ブラックリストから名前が削除されるには、だいたい5年から7年は期間が必要です。ですので、その間はクレジットカードを利用することはできなくなります。クレジットカード以外にもその他の借金やローンは組むことはできません。

 

免責をすると所有する貯金や所有物として資産が没収されることになりますが、資産で見なされるものは以下のものがあります。現金にして99万円を超える場合や預貯金残高が20万円を超える場合、保険の解約返戻金が20万円を超える場合などです。20万円を超える貯金がある場合、現金に換金しておいた方が資産として見なされないため、お得になります。資産として判断される基準は裁判所によっても違います。